エンターテイナーへの明るいニュース!


TDRのショーやパレードに出演するダンサーの募集が再開。

2020年の春から、多くのエンターテイナーたちが活躍の場を失っていたTDRから、

やっと明るいニュースが配信されました。

ここをクリック!

これまで活躍していたダンサー! 2020年の春デビューを目前に退園したダンサー! TDRダンサーを目指している生徒さんたち、そして、その生徒さんたちを育成しているスタジオの先生方!どれだけ、この情報を待っていたことでしょうね!

今回の募集人数などはわかりませんが、少しづつでも元の世界に戻っていくのが楽しみです。

第一次審査は、動画で振付を覚えて、動画撮影での応募のようです。


ここからは、私見ですが、一般的なオーディションを受ける方にアドバイスを書いてみました。よかったら、読んでください。


最近は、レッスンも振付の動画を撮影して、何度も振付の動画を確認しながら練習できる時代になりましたが、その分 振付師が目の前で付けた振付を、その場で覚えて、ニュアンスや手足の角度・顔の向きなど、細かいところまで瞬時にコピーができる人が、少なくなってきているように感じます。

緊張感のある中での集中力。これは第二次審査の対面でのオーディションで、とても大切になってきます。 

実際のリハーサルでも、振付師が目の前で踊ってくれる回数は、そんなに多くありません。

瞬時に振付師から発信されている情報を受け取る訓練をしておくことをお勧めします。

体での表現力も当然のことですが、顔の表情もとても大切です。

ただ笑顔で踊っていればいいというものではないですから、色々な感情表現を豊かにするためには、映画を観たり、舞台を観に行ったり、本を読んだりすることも大切です。

泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだり・・・ 人間にしか表現の出来ない感受性を育てましょう。


さあ、待ちに待ったオーディションまで、あと少しです。

柔軟性、瞬発力、持久力、体幹強化などなど。

今、自分に出来ることを、効率よく目標に向かって一歩づつ歩んでいって下さいね!


Y.Ai.Nakama(中間裕子)