top of page

グランドオープニングの思い出〜4/15 TDR 36th Anniversary


2019年4月15日 東京ディズニーリゾート36周年おめでとう! 1983年4月15日 あの日の感動は、今でも忘れられない大切な思い出です。 当時 まだタカラジェンヌだった私は、グランドオープニングにご招待頂き、車で舞浜へ・・・  高速道路を走る車窓に突然現れた聳え立つシンデレラ城。その美しさ、その大きさは、想像を超えるものでした。 それまで身近にあった遊園地は、宝塚ファミリーランドだけでしたから。 パークに一歩足を踏み入れて、♪Tokyo Disneyland Is Your Landを初めて聴いた時、子供の頃から憧れていたアメリカという国を感じ、一瞬でディズニーの虜になりました。 夢と魔法の王国には、それまで映画やドラマでしか観たことのなかったアメリカが、確実にそこにありました。 楽しいラグタイムの音楽が流れるワールドバザールで買い物をし、西部開拓時代を感じさせるステージショーや、アメリカ人と日本人出演者が一緒に繰り広げるスモールワールドのキッズ・オブ・ザ・キングダムのショーに感動し、アドベンチャーランドのジャングルクルーズやトゥモローランドのスペースマウンテンに乗り、一日中 子供に帰ったように楽しんだことを、今でも覚えています。 あれから、36年。時代が流れる中 私にも沢山のマジカルモーメントが起きました。

今もこうやって、エンターテイメントの世界でショーディレクター(演出家)として、お仕事を続けていられるのは、きっと あの日にかかった魔法の力が、勇気や希望を与えてくれているからかもしれません。  中間裕子(Y.Ai.Nakama)

最新記事

すべて表示

2024年 新年のご挨拶

2024年、新年あけましておめでとうございます。 感謝の気持ちで胸が満たされるこの瞬間に、皆さまへ深く心からの感謝をお伝え申し上げます。 旧年中は、皆さまの温かなご支援とご愛顧により、私たちA.M.J は誠に幸せな15年目を迎えることができました。 これもひとえに皆さまのお力添えの賜物であり、心から感謝しております。 新たな年が始まり、新たな夢への一歩を踏み出す喜びに満ちています。 本年も、皆さま

bottom of page